半導体レーザ 竹中オプトニック株式会社

半導体レーザ 竹中オプトニック株式会社

先進のレーザ技術を集約した豊富な半導体レーザ製品で
医療用・工業用分野における多種多様なレーザマーキングに対応します。

トップページ > 製品情報 > 画像センシング用レーザ LDF-mfシリーズ
サイトマップENGLISH

画像用マルチファンクションレーザ
LDF-mfシリーズ

画像用マルチファンクションレーザ LDC-mf

概要・特長

  • ハイパワーフラットラインに便利機能誕生。
  • レーザ本体背面のファンクションスイッチにより外部TTL信号によるパルス点灯のほか、手動により強制消灯・点灯ができます。
  • 調整中に点灯タイミング以外でも、光源の有る、無し時での映像の確認ができます。
  • また、オンライン中でも光量を外部電圧によりリモコン調整できます。
  • レーザ素子異常や寿命、周囲温度上昇による電流異常時に表示灯点滅で警報と外部へオープンコレクタ出力で報知できます。
  • 自動機でのメンテ予告としてお役にたちます。

オプション

半導体レーザ 取付金具R-1169
取付金具
R-1169

半導体レーザ 取付金具BR-1216
取付金具
BR-1216

半導体レーザ 取付金具BR-1216P
取付金具
BR-1216P



製品仕様

画像用マルチファンクションレーザ LDF-mf 仕様
  1. TTLレベルによるパルス点灯。
  2. アナログレベル0〜5Vによる光量可変。
  3. マニュアルVRによる光量可変。
  4. 強制点灯でタイミング外でもレーザ位置やカメラの調整ができます。ワークが変わった場合の確認が容易。
  5. 強制消灯でカメラの暗レベル確認や外光障害が判ります。
  6. レーザ寿命や周囲温度上昇で電流異常時、トランジスタオープンコレクタの警報を出力します。 自動機での早期異常発見に役立ちます。この段階でもレーザはまだ使用できます。
  7. 緑表示灯点滅警報
    異常電流時は速いフリッカーで報知。
    SWをノーマルモード以外の場合は遅いフリッカーで報知。
画像用レーザ LDF-mf 使用イメージ

外形寸法図 (単位mm)一般公差 JIS B0405-m

画像用マルチファンクションレーザ LDC-mf 外形寸法図



Copyright(C) Takenaka Optonic Co., LTD all right reserved.